スクリーン概要

窓装飾に使うスクリーンにもいろいろな種類があり、当社で取り扱っているのは、ロールスクリーン、プリーツスクリーン、竹・経木スダレなどです。

ブラインドとの大きな違いは、ブラインドはたくさんの羽がついていて羽自体を回転し調光ことができますが、スクリーンは一枚物で作られており回転での調光機能がない分、柄の種類が多いことや厚手と薄手のダブル付けができることなどが特徴としてあがります。

スクリーン概要

ロールスクリーン

一般的にロールスクリーンというとこのスタイルが皆様浮かぶと思います。シンプルでスッキリとした雰囲気にできる上に、操作も簡単でスクリーンの中では安価となります。

操作方法がプルコード式、ワンタッチ式、チェーン式があり、使用場所によって使い分けがありますので購入の際はお間違いのないようにお選びください。

プルコード式

プルコード式

ワンタッチ式

ワンタッチ式

チェーン式

チェーン式

メリット

  • 色、柄が豊富
  • 操作が簡単
  • スクリーンの中では安価
  • 水に強い商品が多数
  • お手入れが簡単
  • 自作の絵をプリントできる
  • プロジェクタのスクリーンタイプと兼用できる

デメリット

  • まきずれがおきる
  • 通行には不向き
  • 断熱性は低い

ロールスクリーン

ロールスクリーン デュオレ

昼間はレース部分を前回にして降り注ぐ日差しを採り入れ、プライバシーを守りながら開放感のある明るい室内にすることができますし、日差しを遮りたいときはレース部分を全閉にして視線を完全にシャットアウトすることができます。

ロールスクリーン デュオレ

また、デザイン性も高いのでオシャレな空間を演出したり、店舗の間仕切りにしたりなど、用途は様々ありますので想像を膨らませていただける商品となっています。

メリット

  • デザイン性が高い
  • 視線を遮りながら室内を明るくできる
  • 操作が簡単
  • お手入れが簡単

デメリット

  • まきずれがおきる
  • 通行には不向き
  • 断熱性は低い

ロールスクリーン デュオレ

プリーツスクリーン

プリーツ加工されたスクリーンを畳み込むように上下に開閉することで採光を自由に調節できることが特徴です。プリーツ部分のスッキリとした水平ラインと、凸凹が生み出す光と影のコントラストがお部屋を美しくしてくれます。

プリーツスクリーン

メリット

  • 色、柄が豊富
  • 18mmの繊細なフォルム
  • 操作が簡単
  • 生地に穴がなく遮光性が高い
  • ドレープ&レースで光をコントロール
  • 断熱効果が高い

デメリット

  • 水に強い商品がない
  • 操作にコツがある
  • 通行には不向き

プリーツスクリーン

竹・経木スダレ

繊細で軽やか、本物だからこそ感じることのできる落ち着きや和みがあります。竹スダレは直径約1,2mmの細い竹ヒゴを使用しており、繊細なたたずまいが印象的です。一本一本の表情が異なる天然の竹ならではの風合いがあり、心癒されるスダレの趣をお部屋によみがえらせます。

竹・経木スダレ

メリット

  • 本物ならではの風合いがでる
  • 和の趣がある
  • 和室に最適
  • 閉めたままでも目隠しになる
  • 操作方が多様で、スクリーンタイプ、シェードタイプなどがある

デメリット

  • 水に強い商品がない
  • 通行には不向き
  • 断熱性は低い

竹・経木スダレ