ヒダ

 ヒダとは、窓の幅が100㎝に対して、カーテン生地の幅が
100㎝だと1倍、150㎝だと1,5倍、200㎝だと2倍というように、
カーテン生地の窓に対する量のことです。

 ドレープカーテンの場合はだいたい1倍から2倍、
レースカーテンの場合は2倍から3倍が主流となっております。

 ヒダの量によってカーテンの金額は大きく変動しますが、
ヒダの量によって装飾性や断熱性、遮視性や遮光性も大きく変動します。

 イニシャルコストが安価であればよいと考える前に、
ランニングコストのことも考えたうえで
ヒダの倍率を決めていただきたいと思います。