ブラインド概要

ブラインド概要 ①


ブラインドは、スッキリして部屋が広く見えることや、羽だけで開閉が可能などの特徴があります。また、四角い窓だけでなく、丸形や三角形などにも対応できます。特に廊下や階段などの通路や、集中して作業を行いたい事務所や書斎などにお勧めしています。



横型、縦型、ロール型、波型など、多くの種類と機能があるのでお好みに合わせてお選びいただきたいと思います。下記では主となる横型と縦型、それぞれの特徴を掲載しておりますので参考にしていただければ幸いです。

ブラインド概要 ②

横型ブラインド

横に並べられた羽を上下すると同時に好きな高さで止めることができ、羽角度の変更ができますので、室内に光を取り入れながら屋外からは室内が見えなくなるようにすることもできます。

羽の表裏で色が変えることができるので、気分に合わせてお部屋の雰囲気を簡単に変えることができますし、写真やイラストをプリントしたり、重厚感のある木製ブラインドもありますので、店舗や高いデザイン性を取り入れたいところでも採用されています。

横型ブラインド

メリット

  • 火と水に強い
  • 可視性が高い
  • 好きな高さで止めることができる
  • 比較的安価
  • スッキリとしたデザイン
  • 一枚ごとの色を変えられる
  • 羽の両面の色も変えられる
  • 円形や台形などにも対応できる

デメリット

  • 風に弱い
  • 通行には不向き
  • 断熱性は皆無

横型ブラインド

縦型ブラインド(バーチカルブラインド)

左右に開閉し、スラットを回転させることで採光を調節できる縦型のブラインドです。

天井を高く、部屋を広く見せる効果のありスタイリッシュな雰囲気を出すことができるためオフィスやホテルのロビーだけでなく、住宅のリビングなどにも採用されています。

また、羽を一枚一枚自由に変えることができますので、お好みの色を組み合わせてオリジナルの縦型ブラインドを作ることもできます。

縦型ブラインド

メリット

  • 部屋が広く見える
  • 高級感が出せる
  • デザイン性が高い
  • 一枚ずつ色が変えられる
  • 通行が容易
  • 羽が汚れても一枚だけ洗える

デメリット

  • 断熱性は皆無
  • 種類は比較的少ない
  • 風に弱い

縦型ブラインド